ママのための4つの基礎知識:これで赤ちゃんの安全な食品群を選ぶこ...

ママのための4つの基礎知識:これで赤ちゃんの安全な食品群を選ぶことができますよ。

ベビーフードの安全性とは何ですか?

赤ちゃんは、成長の最も敏感な段階であり、身体の質、抵抗力、免疫力など、システムの役割のレベルは、大人と一般化することはできませんが、標準以下の食品の問題に遭遇すると、被る被害も拡大するため、どのように赤ちゃんの身体的、嬰幼兒副食品健康を与えることができるか、食品の安全性が最も心配な親となっています。

赤ちゃんは生後4ヶ月になると、徐々に離乳食の補助食品を食べられるようになりますが、親はこの頃から徐々に離乳食の安全上の危険性に注意を払う必要があります。 乳製品は、最も一般的なベビーフードである、親は商品が購入の場合に標準にアップしているかどうかに注意を払う必要があり、商品のいくつかのテスト基準を購入し、専門家は、乳製品の有名なブランドの購入は、安全性のリスクがより保証されると信じています。 親は安さを求めて、よくわからない偽物や粗悪なスクラッチの粉ミルクを赤ちゃんに買ってはいけません。 また、乳製品の安全リスクを確認するために、乳製品の資格証明書が完備されているかどうかも確認する必要があります。

食材が新鮮であることを確認してください。 嬰幼兒副食品で衛生的であり、栄養分の流出も少なくなります。 赤ちゃんの胃や腸はまだ柔らかいので、誤ってカビの生えた食べ物を飲み込んでしまうと、下痢などの症状が出ることがありますので、新鮮でない食べ物や賞味期限切れの食べ物は赤ちゃんに食べさせないようにしましょう。

赤ちゃんのための食品や容器は、赤ちゃんに与える前に適切に洗浄または消毒する必要があります。 野菜や果物の中には、肥料分が残りやすいものがありますので、親がきれいにしてから赤ちゃんに与えるようにしましょう。 赤ちゃんのガラス瓶は長時間水を備えており、湿った自然環境は細菌の成長・発達に適しているため、使用前には必ず熱湯消毒をして清潔にしておく必要があります。

赤ちゃんや幼児の食の安全に関する基礎知識

子供の場合、赤ちゃんの食欲が旺盛であれば、親ができるだけ子供に届かないようなものを食べたいと考える親が多いのですが、これは実は間違った行為です。 食品の衛生・安全問題が深刻化している昨今、子どもが口にするのに適していない食品も少なくありません。 保護者の方は、食品の衛生面や安全面に注意する必要がありますが、子どもに与えてはいけない食品にも気を配る必要があります。

飲料は多くの子どもたちに親しまれている健康飲料ですが、飲料には子どもたちの心身に悪影響を及ぼす有機化学物質が多く含まれています。 そのため、清涼飲料水を飲むように指示されていても、それに甘んじている子供たちには、無臭ではあるが温かい水が最適な健康飲料となる。 温水は、苦境にある子供たちの生理的欲求を満たすだけでなく、他の健康飲料、特に清涼飲料水では補えないミネラルや栄養素を補給することができます。

食品は長期間にわたって輸送され、その状態を長期間維持するために冷蔵する必要があり、その全過程に防腐剤や添加剤などの有機化学生薬製剤を加えることで、環境汚染される確率が高くなります。 そのため、親は子供に地元の食品群を多く与え、輸入食品が良いものだと思わなくても良いでしょう。

子供の栄養で効果的であるべき、野菜や果物、肉料理や他の食品を持っている必要があり、習慣的に同じ種類の食品を食べることができない、食品添加物の影響の蓄積を防ぐために、だけでなく、非常に簡単に栄養不足やバランスの乱れにつながる可能性があります。 我が国では「人は鉄、米は鋼」と言われていますが、子供の体にまで到達する必要はなく、効果的な食品カテゴリーのマッチングにより、子供の成長・発達に必要なことを実現することができます。

赤ちゃんに安全な食べ物-野菜

野菜には食物繊維が含まれており、体に必要な栄養素の多くは野菜で補うことができます。 赤ちゃんに適した野菜はたくさんありますが、ここでは、赤ちゃんに適した健康的な野菜をいくつか詳しくご紹介します。

ポッドはカルシウムの含有量が多い野菜で、ポッド100gあたりのカルシウムの平均値は300mg近くあり、乳製品のカルシウム含有量と基本的に同じです。 トウモロコシを多く食べると、カルシウムが多く含まれていることに加えて、性大脳の神経を刺激し、精神力や記憶力を高めることができます。 しかし、とうもろこしには色とりどりの食物繊維が豊富に含まれており、赤ちゃんは幼くてお腹が柔らかいので、とうもろこしは1歳を過ぎてからの摂取が適していると言われています。

落花生は、空腹耐性が非常に高く、体の基礎代謝や成長を高めるリン酸水素カルシウムを含む、ごく一般的な食品です。 また、赤ちゃんは落花生を補うことで、栄養素やタピオカデンプン、タンパク質を補給することができます。 ただし、一度にたくさんの落花生を食べるのはよくありません。特に加熱していない落花生は消化吸収が悪く、胃の不調や不快感を引き起こしやすいので注意が必要です。

マコモタケは夏によく食べられる野菜で、火を通すと爽やかになり、喉の渇きを癒す効果も期待できます。 また、ワイルドライスに含まれるタンパク質、糖質、栄養素の質は、一般的な野菜よりも優れていると言われています。 ただし、ワイルドライスに含まれるビタミンb29は非常に破壊されやすいので、電子レンジで低出力で調理するとよいでしょう。

カリフラワーに含まれる特有のARA成分は、子供の身体の成長と発達に欠かせません。親は、抵抗力を高めるだけでなく、視力の維持や記憶力を高めるためにも、赤ちゃんのためにカリフラワーをたくさん料理して食べさせてあげましょう。

赤ちゃんが安心して食べられる食品としてのフレッシュフルーツ

野菜の話の後は、新鮮な果物の話です。 キウイフルーツは、多くの生鮮果実が比較にならないほどのビタミンCを含み、VCの含有量はオレンジやアイフォーンなどの生鮮果実の数倍から数十倍にもなり、赤ちゃんの発育に欠かせない多くの有機化合物やさまざまなミネラルも含まれています。 しかし、キウイは食べ過ぎるとアレルギー症状が出る可能性が高いですし、キウイは冷たいので、赤ちゃんは食べ過ぎないように注意してください。

パパイヤは、胸を大きくしたり、胸を美しくしたりするのに最適な食品として、女性によく利用されています。 また、パパイヤに含まれるビタミンや炭水化物は、赤ちゃんの脾臓や胃を丈夫にする効果があります。 また、パパイヤの柔らかさは、赤ちゃんにとっても良い食材です。 ただし、パパイヤには、甲状腺の成長・発達を助け、女性ホルモンや卵巣成長ホルモンの代謝を促進するパパイノールが豊富に含まれているので、子どもの思春期早発症を防ぐためには、パパイヤの摂取量をコントロールすることが大切です。

また、グリーンマンゴーに含まれるビタミンDの量は、多くのフレッシュフルーツに恥じないものであり、ビタミンCの含有量も決して低くはないので、特にビタミンDが不足している赤ちゃんにはお勧めです。 また、グリーンマンゴーは他の食品と組み合わせて、赤ちゃんのための食事を作ることもできます。 ただし、マンゴーは食べ過ぎると炎症を起こすことがあるので、ほどほどにしておくことが大切です。

イチゴの苗は、組織細胞の生成を促進し、体の歯や骨、毛細血管、筋肉などの機能を正常に保ち、傷を癒すのに適しています。 ただし、いちごの実にはカルシウム塩が多く含まれているので、腎臓の悪い赤ちゃんには向いていませんし、過剰に摂取してはいけません。

子ども用の牛乳やしょうゆは安全ですか? 子ども用食品を選ぶ際に気をつけたい4つのポイント

家族でスーパーに行くと、ついついたくさんのものを買ってしまいます。子どもがいる家庭では、子ども用の食品がないとやっていけません。子供用牛乳、子供用チャーシュー、子供用生麺、子供用醤油など、子供のためにたくさんの食べ物を選んだリンリン。買いな...


父母必讀!哪些的嬰兒食品最安全性?

乳幼児向けの非主食の隠れた危険性は、常に誰もが日常生活で最も懸念している重要な問題であり、特に乳幼児向けの非主食性の隠れた危険性も最優先事項です。それで、どのような種類の離乳食が最も安全ですか?親はどのようにして健康的で安全な食品と離乳食サプリメントを選択して生産しますか?親は常に子供の問題、特に今日の社会的発展について最も心配しています。


哪些的嬰兒食品更安全性

乳児の主食以外の食品が最も人気のある話題の1つになったのはいつからかは明らかではありません。両親の大多数にとって、赤ちゃんは、赤ちゃんが健康で幸せに成長できるように、赤ちゃんの食事の健康と安全を確保するために、食べたいものすべてを厳選する必要があります。赤ちゃん自身の胃腸機能が悪いので、離乳食サプリメントと離乳食の追加...


この記事へのコメント